レースカーテンで部屋を明るく!~豊富な種類からセレクト~

お気に入りのレースカーテンを探すポイントを解説!

レースカーテンで部屋を明るく!~豊富な種類からセレクト~

部屋

重要なアイテム

窓に設置するカーテンは、2種類設置することがほとんどです。部屋側には遮光カーテンなど通常のカーテンを設置して、窓側にはレースカーテンを設置することになります。レースカーテンは日中も閉めたままで使用する家庭が多いです。目隠しにもなりますし、紫外線をカットしてくれたり、柔らかな採光をとったりすることもできます。そのため部屋のインテリアとしてこだわって選ぶ必要性があるアイテムだといえるでしょう。

家族

品揃えが豊富な店へ

レースカーテンのニュアンスの違いはかなり大きいです。部屋の印象がガラリと変わりますので、慎重に選んでいきましょう。専門店であれば、デザインや生地、織り方、値段など多種多様なアイテムが揃っています。最適な物を見つけることができるはずです。もし選び方に迷った場合は、カーテンの専門ショップだけではなく、府中家具など部屋の家具を購入したお店で意見を聞いてみるのもいいでしょう。また、例えばセミオーダーで家具を作ったのであれば、トータルでセンスを統一させた方が良いはずです。イメージに合うファブリックを相談してみるといいでしょう。

人気のレースカーテンの特徴5選

室内

透けにくい

特に女性であれば室外から部屋が見られるのは嫌なものです。そのため、一人住まいの人や女性はプライバシーを守りたいという要望が多く、透過性の低いカーテンを選ぶ傾向にあります。

UV効果が高い

紫外線は肌だけでなく、室内の傷みの原因ともなります。室内を長く綺麗に保つため、紫外線をカットできる機能的なカーテンが支持されています。

洗濯OK

カーテンは、室内で使用されているとはいえ、汚れは蓄積されていきます。ですので、簡単にお手入れができ、家庭の洗濯機でじゃぶじゃぶ洗える扱いやすいアイテムが選ばれています。

リーズナブル

間取りの多い家になってくると、カーテンもその部屋の数だけ必要になります。クオリティが高いものを部屋数分そろえると、カーテンとはいえ高額になってしまします。そのため、経済的な負担が少しでも軽減できれば助かるという声が大半です。

省エネ

断熱素材や、保温性に優れているタイプが人気です。冷暖房効率がアップして省エネに貢献します。

広告募集中