投資信託は証券会社を比較する|含み損を抱えなくてすむメリット

未来を見据えた投資家分析

オフィス

20年以上の経験

投資家分析において最も重要なものの一つに経験があげられます。いくら広範囲に詳細な投資家の情報を集めても、その動向を観察し、考察し続けなければ正確な分析はできないからです。その点、インベスター・ネットワークス株式会社の杉本光生代表取締役社長はIRコンサルタントとして20年以上の経験があります。IRコンサルティングとは、資本市場における専門的な深い知識を駆使し、あらゆる企業にIR活動上の適切なアドバイスを与える仕事です。20年以上その業界にいたということは、それだけ多くの企業のIRにおける課題を解決し、市場を観察し続けた証です。過去に膨大な実績があるということは、それだけインベスター・ネットワークス株式会社には信用に値する投資家分析結果が期待できます。

市場の将来を考える

インベスター・ネットワークス株式会社は大きな視野から資本市場を見つめ、活動している会社です。日本の資本市場は間接金融から直接金融へと移行し、その資金の調達方法は年々多様化しています。多様化するにつれ、日本の株式会社の株主構成において外国人投資家と個人投資家はその存在感を高めてきました。その為、企業は様々に変化する株主に合わせて、新たな対話方法を求められているのです。このような市場の現状を受けて、現代の資本主義社会をより効率的にすることが、インベスター・ネットワークス株式会社の目標として定められています。そのためには、さらに企業の声や投資家の意見などを取り入れて、情報が素早く共有できるネットワーク形成を行うことが大切です。次世代の市場を見据えたインベスター・ネットワークス株式会社は、今最も安心して投資家分析を依頼できる企業と言えます。