電気ヒーターで配管の凍結対策もバッチリ!

電気ヒーターで配管の凍結対策もバッチリ!

暖房器具

準備は早めにしていこう

国内でも冬場に凍結で悩むようなエリアに住んでいる場合は、早めに対策をしていく必要があります。寒冷地のホームセンターなどには専用のグッズがたくさん並んでいるはずです。また、専門の業者を呼べば、スピーディーに対応してくれることが期待できます。本格的な冬を迎える前に準備しておきたいところです。

暖房

電気ヒーターを設置する

給水管や給湯器は、凍結が故障の原因となります。水抜きや、水を出し続けるといったことでも防ぐことはできますが、配管を電気ヒーターでカバーすることで、簡単にトラブルを回避することができるはずです。配管に巻き付けて使用しますので、自分でも手順を守って正しく設置すればリーズナブルに対策を立てることができるはずです。

電気ヒーターの仕組み

暖房器具

通電

0度以下になると凍結していきますので、3度程度に設定しておき、水温が設定温度になったら電気が流れます。

温度上昇

電気を流して、水道管の温度を上げていきます。温度が上がることで、凍結をブロックします。

通電ストップ

10度前後まで上がると電気が止まります。水温はまた徐々に下がっていきますが、3度になるとまた通電します。

自動制御

自動的に水温を感知して電気を通していきますので、電気代を無駄にすることなくコントロールができます。

広告募集中